【新】実践ヨガ解剖学講座< 基礎編 >:集中講座

【修了証発行!】10年の時を経て、より洗練されたヨガ解剖学講座にリニューアル。明日からのクラスに即使える!凝縮された実践スキルを1日で習得。

参加費19,800円(税込)※事前お振込み制

開催日程

  • 2020年01月12日(日) 14:00~18:00

    東京世田谷:オハナスマイル 駒沢大学店日程/会場

    ※予約サイトに遷移します

  • 2020年01月18日(土) 14:00~18:00

    大阪ヨガアカデミー大阪 第2スタジオ日程/会場

    ※予約サイトに遷移します

内田かつのり先生のヨガ解剖学講座基礎編の様子。沢山の生徒さんが円状に座って手を受けにあげている。真ん中に内田先生がたち、一人の生徒さんを指さしている

内田ヨガ解剖学に触れた人は4,200人を突破!ヨガを学ぶ上での必須スキル!

「骨って何だろう?筋肉って何だろう?」初開催となった2010年以降、内田かつのり先生のヨガ解剖学に触れた人の人数は延べ4,200人以上!中でもヨガ解剖学基礎講座はヨガジェネレーションが開催する講座の中でもっとも長い歴史を誇る、超ロングラン講座です。

今ほど「ヨガ解剖学」というワードが業界に普及していなかった時代から講座を始め、今のヨガ業界の礎を築いてきたと言っても過言ではありません。今やRYT200やその他のヨガ指導者養成講座においてもヨガ解剖学のカリキュラムは必須科目的な存在となっています。

その理由は明確。下記のような悩みが必ずと言っていいほど現れるからです。

こんな人にオススメです!

✔インストラクションがうまく伝わっていない気がする…
✔生徒さんに〇〇のアーサナが出来ないんです、と相談されたとき、アーサナが出来ない理由がわからない
✔正しいアライメントの知識を身に付けたい
✔そもそも解剖学が苦手…!骨の名前や筋肉の名前を覚えるのはもううんざり…!
✔生徒さんに怪我をしない方法でヨガを伝えたい
✔痛みを抱えた方への寄り添い方を知りたい!

これらの想いは、ヨガ解剖学で解決できます!

人気の秘密はココにある!内田ヨガ解剖学講座が選ばれるワケ

ポイント1:専門用語は封印!骨や筋肉の名前を暗記しない体験型の解剖学
ヨガクラスに本当に【使える】ヨガ解剖学は、本に書かれたヨガ解剖学の知識の丸暗記は通用しません。10年に渡って、ヨガ解剖学講師を続けてきた内田かつのりが、講座を重ねるごとに不要なものをそぎ落とし、本当にヨガクラスに使えるものだけを丁寧に伝えてきた本講座。参加者の皆様からのニーズを切り取っていった結晶10年のとも言えます。その10年の時を経て、その時代のニーズに合わせた最先端のヨガ解剖学講座をお届けします!

ポイント2:講師は現役鍼灸師でヨガ解剖学専門トレーナー!体のプロが直接指導します!!
講師:内田かつのりは、ヨガ講師でありながら鍼灸師の顔も持っています。上海中医薬大学にて、推拿学・解剖学を学び、現在は、トリガーポイント療法という筋肉に重点を置いた鍼と、灸頭針という背中のこわばりは体内毒素の現れであるというスタイルの針、2つを軸にして治療を行っています。いわば体のプロ。更にヨガ解剖学を10年に渡り4,200人以上の生徒さんに伝えてきたという実績も。安心して学んで頂くことができます。

ポイント3:充実のハンドアウトがさらに刷新!家に帰ってから何度も復習できる!
家に帰ってから何度も何度も、その日の講座を思い出し、練習を重ねて下さい。その日講座の中で行ったことは、あくまで皆さんの短期記憶でしかありません。数日経ったら忘れてしまいます。それを長期記憶に塗り替え「ヨガ解剖学をクラスで使える」インストラクターをめざしてくださいね!

ポイント4:リニューアルに伴い、今後受講者には「修了証」が発行されます
今回のリニューアルに伴い、修了証が発行されます。これまでの「実践ヨガ解剖学講座< 基礎編 >:1日集中講座」の修了生につきましては、リテイク価格でご受講が可能ですので、お問合せください。

ポイント5:リテイク制度有!何度でも繰り返し勉強しよう!
実は、リテイクが多いのもこの講座のポイント。それだけ、皆さん繰り返し、ヨガ解剖学を身に付けようと思い、集まるのです。学びは一生。終わりはありません。何度も何度も自分の中に沁みこませ、落としこむことで、皆さんのヨガクラスに「活かせる知識」となり得るのです。

確実に身に付く!ヨガ解剖学を学ぶとこうなれる!

ヨガ解剖学を深めていくことで、得られるスキルというものは以下のようなものがあります。

  • 身体の不思議を解決したり、怪我しない・させないための工夫や知恵
  • 個人差、個体差を見抜く力
  • 柔軟性なのか、筋力なのか?アーサナができない理由が説明できるようになる
  • ミスアライメントを起こさないための正しい知識
  • 怪我やそれに近い痛みの原因を理論的に確認できる
  • アジャスト技術の向上につながる細かなテクニック

このようなスキルを持つことで、生徒さんに対する指導や、自分自身へのヨガの時間がいっそう濃厚になっていくことでしょう。

紙の上での解剖学からマットの中での解剖学へ

ヨガ講師と呼ばれる伝える側の人間は、解剖学という学問を学ぶ事で、どのような変化がアーサナに起こるのか!という事を、『紙の上で答えを提供する』のでなく『マットの中へ落とし込む』実践を通じて、ヨガへの橋渡し役を行わなければなりません。

この講座で徹底して落とし込んでいく内容は、数千あるアーサナを、巷に存在するヨガアーサナ本の如く、1つ1つを暗記する為の時間ではありません。

数千あるアーサナであっても、
苦手なアーサナであっても、
知らないアーサナを聞かれたとしても、

その場で対応可能な『私独自の視点』を育てる時間。解剖学という科学を基に、根拠ある答えを導き出す。その為の最初の一歩を踏み出す講座となっています。

クラス内容

前半 上半身編「骨ってなんだろう?」

この講座では、まずそれらの答えを導き出す計算式を身につけましょう。
星の数ほどあるヨガのアーサナ、そのアーサナごとに必要な筋肉を覚える苦労とはもうサヨナラ。たった一つの計算式を覚えれば十分です。

例えば掛け算には九九という法則がありますが、ヨガ解剖学をしていく上でもこの九九にあたる計算式があります。これをポジション分析などと表現したりするのですが、計算式を覚える事で、すべてのアーサナに対応可能となります。

前半の「骨ってなんだろう?」では、上半身の関節を使って計算式に必要な基礎を学びます。そしてこれをダウンドッグにあてはめて、アーサナで必要な筋肉を特定できるというゴールを目指します。

後半 下半身編「筋肉ってなんだろう?」

前半で覚えた計算式を今度は下半身にあてはめて、強化したい筋肉をアーサナで提案できる力をつけていきましょう。
例えば「太ももを細くしたいのですが、どんなアーサナが効果がありますか?」という質問にも答えが導き出せるようになります。

強化したい筋肉を割り出せる、それに必要なアーサナが割り出せる、この繰り返しの練習でどんどん計算式に慣れていきましょう。このスキルは、ストレッチしたい筋肉を割り出すことにつながります。(ストレッチしたい筋肉の特定は6日間ヨガ解剖学ティーチャーズトレーニングの内容になります)

度々ですが、受講されるにあたって解剖学の知識はまったく必要ありません。
また、今まで解剖学に触れたことがあるけれど活用できていない方、暗記のせいで頭がこんがらがってしまった方は、この講座でいったん知識をクリアにしてみてください。

必ず今までの努力が、利用価値のあるものへと変化するはずです。
※講座内容はその日の講座の進行状況によって変化いたします。

参加要項

参加費
19,800円(税込)※事前お振込み制
参加対象
ヨガ解剖学に興味のある方、またはヨガを日常的にされている方。
持ち物/準備物
ヨガのできる動きやすい格好、ヨガマット(レンタル300円)、下記参考図書、マスキングテープ 1~2個、筆記用具、汗ふきタオルなど

※ご用意できる方は当日ご持参ください。6日間のティーチャーズトレーニングでも使用しますので、ご自身の勉強につなげていただける内容です。 カラー図解 筋肉のしくみ・はたらき事典 ※kindle版よりも単行本をオススメしております

※多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。

※録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。

リテイクのご案内

リテイク(再受講)価格 11,000円 ※リテイクの方はお申込み時に通信欄に前回受講された年月と「リテイク」とご記入ください。また、実践ヨガ解剖学講座< 基礎編 >を受講された方はリテイク価格での受講が可能となります。

開催日程

  • 2020年01月12日(日) 14:00~18:00

    東京世田谷:オハナスマイル 駒沢大学店日程/会場

    ※予約サイトに遷移します

  • 2020年01月18日(土) 14:00~18:00

    大阪ヨガアカデミー大阪 第2スタジオ日程/会場

    ※予約サイトに遷移します